TOP> 病棟紹介> 認知症治療病棟

認知症治療病棟

認知症治療病棟について

認知症治療病棟

認知症治療病棟では、主に認知症の患者様が入院されており、開放感あふれる環境の中で、患者様一人ひとりの治療計画に基づき、医師・薬剤師・看護師・臨床心理士・精神保健福祉士・作業療法士・管理栄養士など、多職種による協力体制のもと患者様への支援に取り組んでいます。
生活機能の回復に必要な訓練(回想法・リハビリ体操・カラオケ・室内ゲーム・創作活動など)を週5回実施し、歌い、笑い、考え、声を出して体を動かすことで、感情や記憶を刺激し、心身の各機能の活性化を促しています。
また、患者様の個性や症状に合った対応・援助を心掛け、社会参加の障害となる症状の軽減に努め、その人らしい生活ができるように支援しています。

ページトップ

概要

主にアルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症の患者様が入院されています。

病棟名 西病棟2階
病棟目標 1.患者様の個別性を尊重した対応を心がける。
2.患者様のQOLに直結した看護・介護を提供する。
スタッフ数 26人
病床数 50床(個室6床、観察室4床、4床室10室)
  • 生活機能訓練生活機能訓練
    生活機能訓練
  • 在宅療養訓練室
    在宅療養訓練室
  • 特殊浴室
    特殊浴室

ページトップ